銀行の品揃えについて

経済構造を改革するための手段のひとつとして進められているのが金融の分野での規制緩和です。その結果として、これまでにあったさまざまな制限が取り除かれたり、あるいは緩やかな条件のものに変えられています。そのため、これまでにはなかった新しい金融商品が販売されるようになったり、より収益性の高い金融商品などが登場し始めています。

 
金融分野での規制緩和によって、銀行をはじめとする金融機関ではこれまで取り扱っていなかった金融商品を販売するようになっています。
金融分野での規制緩和以前、金融機関で取り扱っている金融商品は普通預貯金や定期預金がメインとなっていましたが、近年では従来では保険会社や証券会社などが取り扱いを行っていた保険商品や投資信託を販売するようになっています。また、外貨預金も金融機関では積極的に取り扱いを行っています。

 
その結果、これまで消費者は投資を行うために色々な業者に口座を開設し、金融商品ごとに購入などの手続きをする必要がありましたが、規制緩和以降、ひとつの業者から違うタイプの金融商品を自分の好みに合わせて購入できるようになっています。
ただし、選べる金融商品の数が増えれば増えるほど、消費者はどの金融商品を購入すればいいのかという判断を下す局面が増えていきます。そのため、投資によって損をしないためにも、金融商品についての知識を消費者自らが身に付けていくことが大事となってくるのです。

コメントは受け付けていません。